フェルメールの墓がある旧教会とオランダ王家が眠る新教会

旧教会 17世紀オランダの黄金期を代表する画家、フェルメールの墓があるのは、プリンセンホフ博物館から道を渡ってすぐの場所にあるデルフト旧教会である。 1240年ごろ建てられた、この町最古の教会だそうだ。装飾に派手さはないがステンドグラスは当たり前…

今も残る凶弾の痕 「オランダ建国の父」暗殺の地

オランダに来てしばらく経つが、実はヨーロッパの歴史は未だに理解できていなくて、この国の歴史についてもほとんど無知に等しい。 そんな状況を変えようと、出不精な私が力を振り絞って行ったのがこちら。 紹介 デルフトのプリンセンホフ博物館 - デルフト…

どうしてベトナム系医師が選ばれたのか?ユナイテッド航空の件に関する現時点での日本と海外の報道

ユナイテッド航空のニュースが衝撃だったけど、日本語のメディアではいまいち情報が足りないので海外のメディアの報道も読んでまとめてみた。 いずれちゃんとしたところからニュースがでるだろうけど、それまでの繋ぎに。 どうしてあの男性が選ばれたのか? …

マウリッツハイス王立美術館が綺麗で楽しくて行きつけにしたい件。

2日連続で行ってきました。 その勢いでブログまで始めました。 マウリッツハイス美術館のおすすめポイントはこの5点。 建物が美しい フェルメールの有名な作品を超近くで見られる こぢんまりしてて居心地がいい 営業時間が長い 日本語オーディオガイドが無料…

ブログを始めた理由

オランダに来るまで、正直オランダに大して期待もしてなかった。 が、今はめっちゃいいとこじゃん!と思っている。 一人一人の広報活動が、いずれ大きな実を結ぶと信じて、とりあえずブログを始めてみる。 オランダいいじゃん、と思う人を一人でも増えますよ…