フェルメールの墓がある旧教会とオランダ王家が眠る新教会

旧教会

17世紀オランダの黄金期を代表する画家、フェルメールの墓があるのは、プリンセンホフ博物館から道を渡ってすぐの場所にあるデルフト旧教会である。

1240年ごろ建てられた、この町最古の教会だそうだ。装飾に派手さはないがステンドグラスは当たり前のように美しく、ちょうどオルガンの演奏も響いていて気持ちのいい場所だった。


f:id:Risbom:20170508235103j:image

  

今でこそオランダを代表する偉大な画家とされるフェルメールだが、最初に作られた彼の墓碑はいたって普通でこぢんまりとしている。教会の中にはたくさんの墓碑があったが、その中でも小さいほうだった。


f:id:Risbom:20170508235118j:image

Wikipediaによると画家の組合の理事を務めたりもしていたらしいので、生前は評価されていなかったと言うと語弊があるかもしれないが、少なくとも現代ほどの名声は得ていなかったようだ。

フェルメール「牛乳を注ぐ女」

 

彼の功績をたたえた新しい墓碑は2007年に作られ、旧教会の目玉の一つになっている。真上からカメラを向ければすっかり写真内に収まってしまう最初の墓碑と比べ、全体像は斜めじゃないととても入らないくらい大きい。

 
f:id:Risbom:20170508235125j:image

 

新教会

旧教会だけで十分だと思っていたが、チケットが新教会と共通のものしかなかったので、ヴィレム1世(オラニエ公)の墓碑がある新教会にも行くことにした。

新教会と向かい合うようにデルフト市庁舎があり、逆光で上手く取れなかったが綺麗な建物だった。


f:id:Risbom:20170508235135j:image

「新」教会といっても、建てられたのは1496年で、十分に古い。


f:id:Risbom:20170508235149j:image

実際に新教会を目にすると、高い塔がとても印象的だ。塔の入場券もセットになっているチケットを買えばよかったと少し思った。天気がいい日の塔からの眺めは素晴らしいだろうなあ。

残念ながら中が工事中だったため、教会自体はあまり楽しめなかったが、ウィレム1世(オラニエ公)を記念するモニュメントと、彼以降のオランダ王族の歴史についての展示があった。オランダ王族は代々ここに埋葬されているそうだ。

↓1645年に作られたオラニエ公記念のモニュメント。古い。
f:id:Risbom:20170508235203j:image

これらの教会は今でも現役で使われていて、毎週日曜日には礼拝があるらしい。英語の礼拝もあるそうなので、クリスチャンではないけどちょっと行ってみたいような。

 

教会のチケットや開館時間の情報はこちら↓ 塔と教会どっちも入れるCombiチケットが良さそうだった。

Hours & Admission